一点豪華主義で行きたいけど、ちょっとためらう

一点豪華主義!!

広告

時事ネタ

徴用工問題で仲裁委員設置受け入れず

投稿日:

徴用工問題をめぐり、日本政府が日韓請求権協定に基づき、
仲裁委員の設置を韓国に求めていましたが、韓国政府は
7月16日に仲裁委員会設置を受け入れない方針を明らかに
しました。

徴用工ではなくて、ただの戦時募集工ですね。
韓国は条約を破りまくっておきながら、優遇措置を解除に
発狂しています。
今度は、本格的に制裁を発動してもいいのでは?

【中古】 「徴用工」の悪心 / 扶桑社 [新書]【メール便送料無料】【あす楽対応】

【中古】 「徴用工」の悪心 / 扶桑社 [新書]【メール便送料無料】【あす楽対応】 341円(税込)【送料別】

もったいない本舗 楽天市場店

出版社:扶桑社JANコード:9784594081430■こちらの商品もオススメです ● 韓国人が暴く黒韓史 / シンシアリー / 扶桑社 [新書] ● 韓国人による北韓論 / シンシアリー / 扶桑社 [新書] ● 速すぎるニュースをゆっくり解説します / 文藝春秋 [文庫] ● 放談の王道 / 呉 智英, 宮崎 哲弥 / 時事通信社 [単行本] ● 大日本帝国の経済戦略 / 武田知弘 / 祥伝社 [新書] ● もっと言ってはいけない / 橘 玲 / 新潮社 [新書] ● 経済改革としての明治維新 / イースト・プレス [新書] ■通常24時間以内に出荷可能です。※繁忙期やセール等、ご注文数が多い日につきましては 発送まで48時間かかる場合があります。あらかじめご了承ください。■メール便は、1冊から送料無料です。※宅配便の場合、2,500円以上送料無料です。※あす楽ご希望の方は、宅配便をご選択下さい。※「代引き」ご希望の方は宅配便をご選択下さい。■ただいま、オリジナルカレンダーをプレゼントしております。■お急ぎの方は「もったいない本舗 お急ぎ便店」をご利用ください。最短翌日配送、手数料198円から■まとめ買いの方は「もったいない本舗 おまとめ店」がお買い得です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。決済は、クレジットカード、代引き等、各種決済方法がご利用可能です。■万が一品質に不備が有った場合は、返金対応。■クリーニング済み。■商品画像に「帯」が付いているものがありますが、中古品のため、実際の商品には付いていない場合がございます。■”s1、s2”などの番号は、弊社管理番号です。どちらでもご購入いただけます。■商品状態の表記につきまして・非常に良い:  使用されてはいますが、  非常にきれいな状態です。  書き込みや線引きはありません。・良い:  比較的綺麗な状態の商品です。  ページやカバーに欠品はありません。  文章を読むのに支障はありません。・可:  文章が問題なく読める状態の商品です。  マーカーやペンで書込があることがあります。  商品の痛みがある場合があります。

歴史認識と日韓の「和解」への道 徴用工問題と韓国大法院判決を理解するために [ 戸塚悦朗 ]

歴史認識と日韓の「和解」への道 徴用工問題と韓国大法院判決を理解するために [ 戸塚悦朗 ] 2,420円(税込)【送料込】

楽天ブックス

徴用工問題と韓国大法院判決を理解するために 戸塚悦朗 日本評論社レキシニンシキトニッカンノワカイヘノミチ トツカエツロウ 発行年月:2019年11月13日 予約締切日:2019年11月06日 ページ数:256p サイズ:単行本 ISBN:9784535524804 戸塚悦朗(トツカエツロウ) 1942年静岡県生まれ。現職:弁護士(2018年11月再登録)。英国王立精神科医学会名誉フェロー。日中親善教育文化ビジネスサポートセンター顧問。龍谷大学社研安重根東洋平和研究センター客員研究員。教育歴等:理学士・法学士(立教大学)。法学修士(LSE・LLM)。博士(立命館大学・国際関係学)。職歴:1973年4月第二東京弁護士会及び日本弁護士連合会入会(2000年3月公務就任のため退会)。薬害スモン訴訟原告代理人を務めた。1984年以降、国連人権NGO代表として国際的人権擁護活動に従事。国連等国際的な舞台で、精神障害者等被拘禁者の人権問題、日本軍「慰安婦」問題などの人権問題に関わり続けてきた。2000年3月神戸大学大学院(国際協力研究科助教授)を経て、2003年4月龍谷大学(法学部・法科大学院教授。2010年定年退職)。1988年以降現在までの間、英国、韓国、米国、カナダ、フォンランドの大学で客員研究員・教員を歴任。研究歴:国際人権法実務専攻。近年は、日韓旧条約の効力問題および安重根裁判の不法性に関する研究を進め、日本の脱植民地化のプロセスの促進に努めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 歴史認識と日韓の「和解」への道(その1)ー安重根東洋平和論研究は、日本を孤立から救うか?/歴史認識と日韓の「和解」への道(その2)ー植民地支配責任と1905年「韓国保護条約(?)」/歴史認識と日韓の「和解」への道(その3)ー文献研究から1905年「韓国保護条約(?)」の無効性を問う/歴史認識と日韓の「和解」への道(その4)ー『國際法雑誌』は、1905年「韓国保護条約(?)」をどのように準備したか/歴史認識と日韓の「和解」への道(その5)ー1905年「韓国保護条約(?)」の効力問題と1963年国連総会の決議をめぐって/歴史認識と日韓の「和解」への道(その6)ー「慰安婦」問題に関する日韓外相合意から板門店南北首脳宣言まで/歴史認識と日韓の「和解」への道(その7)ー迷路を抜け出す鍵 本 人文・思想・社会 法律 法律 人文・思想・社会 政治

「徴用工」問題とは何か 朝鮮人労務動員の実態と日韓対立 (中公新書 2624) [ 波多野 澄雄 ]

「徴用工」問題とは何か 朝鮮人労務動員の実態と日韓対立 (中公新書 2624) [ 波多野 澄雄 ] 902円(税込)【送料込】

楽天ブックス

朝鮮人労務動員の実態と日韓対立 中公新書 2624 波多野 澄雄 中央公論新社チョウヨウコウモンダイトハナニカ ハタノスミオ 発行年月:2020年12月22日 予約締切日:2020年11月07日 ページ数:256p サイズ:新書 ISBN:9784121026248 波多野澄雄(ハタノスミオ) 1947(昭和22)年岐阜県生まれ。72年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同大学大学院法学研究科博士課程修了、博士(法学)。79年防衛研修所戦史部研究員、88年筑波大学社会科学系助教授を経て、同教授、副学長、附属図書館長。現在、外務省「日本外交文書」編纂委員長、筑波大学名誉教授。国立公文書館アジア歴史資料センター長。専攻・日本政治外交史。著書『幕僚たちの真珠湾』(朝日選書、1991年/吉川弘文館、2013年)第21回吉田茂賞受賞、『太平洋戦争とアジア外交』(東京大学出版会、1996年)第26回吉田茂賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 帝国日本の朝鮮統治/第2章 移住朝鮮人、労務動員の実態/第3章 日韓会談と請求権問題ー国交正常化までの対立/第4章 日韓請求権協定への収斂ー「一括処理方式」へ/第5章 韓国最高裁判決の立論と歴史認識/終章 「徴用工」問題の構図ー歴史と法理 2018年秋、韓国最高裁は「徴用工」訴訟で韓国人被害者への賠賞を日本企業に命じた。日本の最高裁でも、韓国の高裁でも原告敗訴だったが、なぜそれが一転したかー。本書は、日本統治下の朝鮮人労務者の実態から、今なぜ問題が浮上したかまでを描く。この問題は、歴史的事実、総動員体制、戦後処理、植民地主義、歴史認識、国際法理解、司法の性格など多岐にわたる。それらを腑分けして解説、日韓和解の糸口を探る。 本 人文・思想・社会 歴史 日本史 人文・思想・社会 社会 労働 新書 人文・思想・社会

[書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/だれが日韓「対立」をつくったのか 徴用工、「慰安婦」、そしてメディア[本/雑誌] / 岡本有佳/編 加藤圭木/編

[書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/だれが日韓「対立」をつくったのか 徴用工、「慰安婦」、そしてメディア[本/雑誌] / 岡本有佳/編 加藤圭木/編 1,540円(税込)【送料別】

ネオウィング 楽天市場店

【ゆうメールのご利用条件】・商品同梱は2点まで・商品重量合計800g未満ご注文前に必ずご確認ください<内容>泥沼化したと言われる日韓関係を読み解く。<収録曲>1 徴用工問題—「韓国はルール違反」の真相(なぜ徴用工は損害賠償を求めているのか?「韓国は国際法違反!」と、断言できるのはなぜ?韓国はなぜ話を蒸し返すのか?)2 主戦場としての「慰安婦」問題—「少女像は反日」か?(日本軍の強制連行はなかった?「慰安婦」は、ビジネスで、「性奴隷」ではない?なぜ米国にも「慰安婦」の碑を建てるのか?日本はお金も払って責任を果たしたのに、なぜ韓国は「合意」を無視するのか?)3 韓国はなぜ歴史問題にこだわるのか?(「韓国併合」のどこが問題なのか?日本人もひどい目にあったのに、なぜ朝鮮人は被害を言い立てるのか?文在寅政権はなぜ、歴史問題(徴用工・「慰安婦」)にこだわるのか?)4 なぜ、これほど日韓関係は悪化したのか?—メディアのズレを読む(日本のマスメディアは“少女像”撤去・移転をどう報じているか?日本のマスメディアは徴用工問題をどう報じたのか?韓国メディアは日韓関係の悪化をどう報じ、何を報じていないか?)5 解決への道はあるのか?(「戦後生まれ」が責任を問われるのはなぜか?植民地支配の責任にどう向き合うのか?)<商品詳細>商品番号:NEOBK-2443017Okamoto Yuka / Hen Kato Kei Ki / Hen / Dare Ga Nichi Kan ”Tairitsu” Wo Tsukutta No Ka Choyo Ko ”Ian Fu” Soshite Mediaメディア:本/雑誌重量:340g 発売日:2019/12JAN:9784272211227だれが日韓「対立」をつくったのか 徴用工、「慰安婦」、そしてメディア[本/雑誌] / 岡本有佳/編 加藤圭木/編2019/12発売

日韓の歴史問題をどう読み解くか 徴用工・日本軍「慰安婦」・植民地支配 [ 内海愛子 ]

日韓の歴史問題をどう読み解くか 徴用工・日本軍「慰安婦」・植民地支配 [ 内海愛子 ] 2,200円(税込)【送料込】

楽天ブックス

徴用工・日本軍「慰安婦」・植民地支配 内海愛子 吉澤文寿 新日本出版社ニッカンノレキシモンダイヲドウヨミトクカ ウツミアイコ ヨシザワフミトシ 発行年月:2020年06月27日 予約締切日:2020年05月13日 ページ数:256p サイズ:単行本 ISBN:9784406064811 1 徴用工裁判で問われていること(取り残された植民地支配の清算ー被害者と向き合うとき/徴用工問題をめぐる問題点の整理と解決の展望について/「徴用工」判決にどう向き合うかー日韓請求権協定の経緯と日本の植民地支配責任/日韓請求権協定で「解決ずみ」なのか)/2 加害責任とは何か?ー植民地支配、強制連行、日本軍「慰安婦」(問われているのは日本の植民地支配への反省/強制連行・強制労働の犠牲者の遺骨発掘・返還を通じた韓国との交流/日本は何度も謝ったのかー日本軍「慰安婦」問題にみる「過去の克服」の実態)/3 歴史認識をただすために(朝鮮三・一独立運動一〇〇年ーその歴史認識をめぐって/教科書の中の「韓国併合」ー植民地教育とは何かを問うために/「嫌韓」の歴史的起源を探るーなぜ、日本のメディアの韓国報道は歪むのか 韓国報道を歪ませる「眼鏡」の系譜/内政危機のなかの日清戦争ー“宗主国意識”の出発点) 加害者は消し去ろうとしても、被害者は忘れないー「嫌韓」の歴史的起源と解決の展望を探る第一線研究者ら11人による多角的考察。 本 人文・思想・社会 政治

「徴用工問題」とは何か? 韓国大法院判決が問うもの [ 戸塚 悦朗 ]

「徴用工問題」とは何か? 韓国大法院判決が問うもの [ 戸塚 悦朗 ] 2,420円(税込)【送料込】

楽天ブックス

韓国大法院判決が問うもの 戸塚 悦朗 明石書店チョウヨウコウモンダイトハナニカ トツカ エツロウ 発行年月:2019年10月07日 予約締切日:2019年09月24日 ページ数:212p サイズ:単行本 ISBN:9784750349046 戸塚悦朗(トツカエツロウ) 1942年静岡県生まれ。現職:弁護士(2018年11月再登録)。英国王立精神科医学会名誉フェロー。日中親善教育文化ビジネスサポートセンター顧問。教育歴等:理学士・法学士(立教大学)。法学修士(LSE・LLM)。博士(立命館大学・国際関係学)。職歴:1973年4月第二東京弁護士会及び日本弁護士連合会入会(2000年3月公務就任のため退会)。薬害スモン訴訟原告代理人を務めた。1984年以降、国連人権NGO代表として国際的人権擁護活動に従事。国連等国際的な舞台で、精神障害者等被拘禁者の人権問題、日本軍「慰安婦」問題などの人権問題に関わり続けてきた。2000年3月神戸大学大学院(国際協力研究科助教授)を経て、2003年4月龍谷大学(法学部・法科大学院教授。2010年定年退職)。1988年以降現在までの間、英国、韓国、米国、カナダ、フィンランドの大学で客員研究員・教員を歴任。研究歴:国際人権法実務専攻。近年は、日韓旧条約の効力問題および安重根裁判の不法性に関する研究を進め、日本の脱植民地化のプロセスの促進に努めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 序章(民間の民事事件に政府が介入するのは妥当か?/日韓関係の危機への対応は可能か?/まずは、大法院判決を読むことから)/第1章 大法院判決を読む(事件の内容/日本の裁判所の判決(原告敗訴)との関係/日韓請求権協定との関係)/第2章 日韓請求権協定で終わったこと、終わっていないこと(「反人道的な不法行為を前提とする強制動員」被害者の慰謝料請求権/日本軍「慰安婦」問題との比較)/第3章 日本の植民地支配は不法だったのか?(大法院判決の憲法解釈/国際法の解釈)/第4章 歴史認識と日韓の和解への道 本 人文・思想・社会 社会 労働

徴用工裁判と日韓請求権協定 韓国大法院判決を読み解く / 山本晴太 【本】

徴用工裁判と日韓請求権協定 韓国大法院判決を読み解く / 山本晴太 【本】 2,200円(税込)【送料別】

HMV&BOOKS online 1号店

基本情報ジャンル社会・政治フォーマット本出版社現代人文社発売日2019年08月ISBN9784877987268発売国日本サイズ・ページ229p 21cm(A5)関連キーワード 9784877987268 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 

徴用工裁判と日韓請求権協定 韓国大法院判決を読み解く [ 山本 晴太 ]

徴用工裁判と日韓請求権協定 韓国大法院判決を読み解く [ 山本 晴太 ] 2,200円(税込)【送料込】

楽天ブックス

韓国大法院判決を読み解く 山本 晴太 川上 詩朗 現代人文社チョウヨウコウサイバントニッカンセイキュウケンキョウテイ ヤマモト セイタ カワカミ シロウ 発行年月:2019年08月30日 予約締切日:2019年08月06日 ページ数:232p サイズ:単行本 ISBN:9784877987268 第1章 徴用工裁判韓国大法院判決を知る(判決の概要:2018年10月から韓国の裁判所で、日本企業に対して強制動員被害者への賠償を命じる判決が何件か出されました。これらはどのようなものだったのでしょうか?/判決が認定した労働実態:韓国で勝訴した原告らは、どのような体験をした人たちなのでしょうか? ほか)/第2章 背景事情を知る(強制動員の規模・背景:「強制動員」とは、いつごろ、どのような規模で行われたのでしょうか?このようなことが行われた背景にはどんなことがあったのですか?/様々な形態の強制動員:「募集」「官斡旋」「徴用」「女子勤労挺身隊」とはどのような制度ですか?それはどのように実施されましたか?)/第3章 日韓請求権協定の内容と解釈を知る(協定の内容:日韓請求権協定とは何ですか?/協定締結過程:請求権協定の締結過程では、徴用工問題について、どのような話し合いがされたのですか? ほか)/第4章 徴用工裁判を深く知る(韓国大法院判決と日韓両国の日韓請求権協定解釈の変遷)/資料 戦時下にだまされて日本に連れて来られ、給料も支払われずに過酷な労働を強いられた13歳の少女。戦後、韓国に戻ってからも、日本で被った苦痛を忘れることなどできず、無償労働を強いた日本企業を相手に慰謝料の支払いを求めつづけました。そしてそれがようやく裁判で認められました。この問題は日韓両国の国家間の問題として考えられがちですが、何よりも一番考えるべきことは、過酷な被害を受けた彼女らが、13歳から今日に至るまで救済されずに放置されてきたということではないでしょうか。韓国大法院は彼女らの訴えをどうして認めたのか、判決を読み解き、考えてみませんか。 本 人文・思想・社会 社会 労働

「徴用工」の悪心 [ シンシアリー ]

「徴用工」の悪心 [ シンシアリー ] 924円(税込)【送料込】

楽天ブックス

シンシアリー 扶桑社チョウヨウコウノアクシン シンシアリー 発行年月:2018年12月27日 予約締切日:2018年12月05日 サイズ:新書 ISBN:9784594081430 リー,シンシア 1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの生粋の韓国人。歯科医院を休業し、2017年春より日本へ移住。韓国の反日思想への皮肉を綴った日記「シンシアリーのブログ」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 「徴用工裁判」の策略(イマサラ感半端ない「個人賠償請求裁判」大騒動/未払い賃金は、韓国政府が「国家として個人の分まで受け取った」 ほか)/第2章 韓国歴代大統領と「基本条約」(韓国の保守系政治家が「基本条約」に手出しができない理由/北朝鮮を「国家」と認めると都合がいい「左派」の思惑 ほか)/第3章 「強制徴用」被害者数を見積もる(「強制徴用」の被害者数は最少二十一万六千九百九十二人〜最大八百四十万人に/北朝鮮曰く、日本は「八百四十万人を誘拐、拉致、強制連行した」 ほか)/第4章 本格化する日韓「国際世論戦」(「スーパーマン=米国」が裏で日韓にかける「圧力」/「慰安婦合意」に米国が介入か ほか)/第5章 併合は「合法」である(「日韓併合」を「合法」だと信じる決定的な理由/英国の国際法専門家、クロフォード・ケンブリッジ大教授の主張 ほか) 韓国は、日本から莫大な金を毟り取るため当時の労働者ほぼ全員を「“強制”徴用被害者」にしたてる。それを阻止する方法を、「法」と「史実」から冷徹に分析!「併合は合法」の動かぬ証拠がここに!シリーズ第10弾。 本 人文・思想・社会 政治 新書 その他

元徴用工 和解への道 戦時被害と個人請求権 (ちくま新書 1503) [ 内田 雅敏 ]

元徴用工 和解への道 戦時被害と個人請求権 (ちくま新書 1503) [ 内田 雅敏 ] 968円(税込)【送料込】

楽天ブックス

戦時被害と個人請求権 ちくま新書 1503 内田 雅敏 筑摩書房モトチョウヨウコウ ワカイヘノミチ ウチダ マサトシ 発行年月:2020年07月08日 予約締切日:2020年05月29日 ページ数:288p サイズ:新書 ISBN:9784480073136 内田雅敏(ウチダマサトシ) 1945年生まれ、1975年東京弁護士会登録。日弁連人権擁護委員会委員、同接見交通権確立実行委員会委員長、関東弁護士会連合会憲法問題協議会委員長、西松安野友好基金運営委員会委員長を経て、現在、日弁連憲法委員会委員。弁護士としての通常業務の他に、中国人強制連行・強制労働問題(花岡、西松、三菱マテリアル)など戦後補償問題、靖國問題などに取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 「徴用工問題」と日韓関係のゆくえ(韓国大法院判決が投げかけた問題点/植民地支配の実態に向き合う)/第2部 中国人強制連行・強制労働(中国人強制連行・強制労働の歴史から学ぶ/中国人受難者・遺族による損害賠償請求/全国で相次いだ損害賠償請求訴訟/西松建設(旧西松組)広島安野の裁判、和解へ/三菱マテリアル(旧三菱鉱業)も和解へ/判決の「付言」に見る裁判官たちの苦悩)/第3部 問題解決には何が必要か(日韓基本条約・請求権協定の修正、補完は不可避/戦争被害における個人請求権/冷戦によって封印された個人賠償の復権/韓国憲法と日本国憲法/負の歴史に向き合う/日韓の関係改善を求めて/あとがきに代えて) 韓国人元徴用工問題を解決済とする日本政府。一方で元徴用工が補償を求める個人請求権が存在することも認めている。彼らの訴えに耳を傾けることが、戦後七十五年間、民間人の空襲被害や外国籍の人々への戦後補償を放置してきた日本社会に問われているのではないか。著者は弁護士として中国人強制労働事件の和解交渉にかかわった経験を踏まえ、元徴用工問題和解への道を探る。 本 人文・思想・社会 社会 労働 新書 その他

楽天ウェブサービスセンター

-時事ネタ

Copyright© 一点豪華主義!! , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.